2017年モデルのざっくりとしたご説明です

2017年モデルから、皆さんが喜ぶような変更点がいくつかあります!
大きな変更点をわかりやすく説明しておきますね^^


1、音が大きくなり歯切れも良くなった!
今までの日本独自の厳しい規制からユーロ4という統一基準に変更された…ようするに音量規制が緩くなり音が大きくなったということです!
スポーツスター、ダイナ、一部ソフテイルとなってます。
試乗車の1200CXの排気音を聞かれた方はもうおわかりですね♪
ノーマルでも結構元気な音で加速しますよ!


2,ツーリングモデルはエンジンが「ツインカム」から「ミルウォーキーエイト」に変わった!
排気量が103ci(1689cc)→107ci(1746cc)にアップ!
ツーリングモデルのCVOは110ci(1801cc)→114ci(1868cc)にアップ!
新しいエンジンは1カム2プラグ2インジェクター4バルブとなりました。
燃焼効率が良くなり、ハイパワー、強トルク、熱の低減、薄くなったプライマリー、軽いクラッチ等いいことだらけ!
(でも一番嬉しいのはノーマルで俗に言う三拍子を刻むこと^^?)
他にもツーリングモデルは新型リアサス、新型フロントフォークで快適性や安定性、運動性がアップしてます!

3,全二輪モデルにABS搭載


4,新型トライク「フリーウィーラー」導入


「新型も良いけど、熟成されたツインカムエンジンも捨てがたい…」そんなお方はまだ2016年モデルも数台ございます!
人気のあのモデルもまだ有ります!
絶版となったあのモデルもまだ有ります!
お買い得になってますので早めに来て下さいね(^o^)