★★★ ニューモデル発表! ★★★

FXSE ブレイクアウトの頂点、1800cc!





FXSE フロント倒立フォーク+19インチで運動性アップ





FXDLS ダイナファンの方、お待たせしました!





FXDLS 1800ccで価格はソフテイルと同じくらい!





もうすでにインターネット等でご覧になった方も多いと思いますが…ハーレーから魅力的な2モデルが追加発表されました!

どちらも生産台数限定で、FXSEは日本で300台限定です。
FXDLSは日本で限定160台と非常に少なくなっております!

どちらもスクリーミンイーグルチューンの1,801ccを搭載するスペシャルなモデルです!

実際のデリバリーは4月以降となる可能性大ですが、お早めの決断をお願いします!
この機会を逃したら絶対後悔しますよ(^o^)


・CVO PRO STREET BREAKOUT 3,390,000円
 
【高級感溢れるダークな存在】
ダークなスタイルと強力なトルクこそがCVO Pro Street Breakout の全て。
一瞬で人目を奪うペイントと、フェンダーからフェンダーへと流れる細部までこだわり抜かれたスタイリングが魅力的な、最先端を行く仕上げが特徴です。
240 mmのリアタイヤには、Aggressorホイールを採用。フォワードコントロールや、レースにインスパイアされた新型のシートとハンドルバーが、街中を流すには最適なライディングポジションを生み出します。その上、ヘビーブリーザーインテークを備えたScreamin’ Eagle Twin Cam 110Bエンジンや倒立フォーク、新型のデュアルディスクフロントブレーキが、そのスタイルから溢れるパワーに遜色ないパフォーマンスをもたらします。
これぞ、ハーレーダビッドソンがロングでダークなアメリカンバイクのたくましさを表現した、最高級のバイクです。


・LOW RIDER S 2,290,000円

【路地裏の制覇者】
1977年にハーレーダビッドソンLow Rider が初めて世に送り出されたとき、それまで常識とされていたファクトリーカスタムモデルのデザインの限界が覆されました。そしていま、Low Rider Sがそのジャンルに、これまでにないワイルドでパワフルな魅力を加えます。
俊敏性に富むDynaのシャーシにScreamin’ Eagle Twin Cam 110 エンジンを搭載し、ヘビーブリーザーインテークを追加。
ライダーが腕を斜め上に広げて足を直角に置けるように設計された、トールバーやミッドマウントコントロール、新型のシートに加え、フロントとリアには高品質のサスペンションを使用。
強力なパワーが惜しみなく発揮されるために必要な全てを兼ね備えた一台です。全体的にはブラックアウトしたスタイルを打ち出しながらも、タンクバッジやピンストライプなどのゴールドのアクセントを加え、スプリット5スポークキャストアルミホイールにマッチさせています。
固定式スピードスクリーンの奥でハンドルを握れば、その魅力を満喫できるに違いありません。